公冶長第五

スポンサーリンク
公冶長第五

公冶長第五09|回や一を聞きて十を知る

公冶長第五の09「回也聞一以知十」についてです。「一を聞いて十を知る」の言はここからきているのですね。顔淵は非常に優秀な人だったのでしょう。
公冶長第五

公冶長第五08|孟武伯問う、子路仁なるか

公冶長第五の08「孟武伯問、子路仁乎」についてです。孟武伯が孔子に子路、冉求、子華は仁者であるか尋ねました。どのように答えたのでしょう。
公冶長第五

公冶長第五07|道行われず、桴に乗りて海に浮かばん

公冶長第五の07「道不行、乘桴浮于海」についてです。孔子がいった言葉とは思えないほど、洒落が効いている気がします。
公冶長第五

公冶長第五06|吾れ斯れをこれ未だ信ずること能わず

公冶長第五の06「吾斯之未能信」についてです。
公冶長第五

公冶長第五05|或るひと曰わく、雍や、仁にして佞ならず

公冶長第五の05「或曰、雍也仁而不佞」についてです。ある人が雍の事を口下手なことが惜しいと評しましたが、孔子は弁が立つことが必ずしもよいとは限らないと説いています。
公冶長第五

公冶長第五04|子貢、問いて曰く、賜や如何

公冶長第五の04「子貢問曰、賜也何如」についてです。子貢が自分の評価を孔子に尋ねました。孔子はなんと答えたのでしょう。
公冶長第五

公冶長第五03|子賤を謂う、君子なるかな若き人

公冶長第五その03「君子哉若人、魯無君子者、斯焉取斯」についてです。孔子が子賤について語った言葉です。
公冶長第五

公冶長第五02|南容を謂わく、邦に道あれば廃てられず

公冶長第五その2「子謂南容、邦有道不廃」についてです。弟子の南容はよほどすぐれた人物だったのでしょうね 。
公冶長第五

公冶長第五01|公冶長を謂う、妻すべきなり

公冶長第五のその1「子謂公冶長、可妻也」についてです。公冶長の人物像について孔子が「妻すべきなり」と語っています。どんな人物だったのでしょう。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました