堯曰第二十

スポンサーリンク
堯曰第二十

堯曰第二十05|命を知らざれば、以て君子たること無き

堯曰第二十の05「不知命、無以爲君子也」についてです。命を知り、礼を知り、言を知る。それが正しい生き方だと孔子が言っています。
堯曰第二十

堯曰第二十04|何如なれば斯れ以て政に従うべきか

堯曰第二十の04「何如斯可以從政矣」についてです。孔子は『五美を尊び四悪を屏く』ことを政の基本と考えたようです。どんな内容なのでしょう。
堯曰第二十

堯曰第二十03|寛なれば則ち衆を得、信なれば則ち民任ず

堯曰第二十その03「寛則得衆、信則民任焉」についてです。寛大であること、信用をえること、勤勉であること、公平であること。大事な事ですね。
堯曰第二十

堯曰第二十02|権量を謹み、法度を審らかにし

堯曰第二十のその2「謹權量、審法度、脩廢官」についてです。政治をうまく行うために必要なこと。色々あるみたいです。
堯曰第二十

堯曰第二十01|堯曰く、咨爾舜、天の暦数、爾の躬に在り

堯曰第二十のその1「堯曰、咨爾舜、天之暦數在爾躬」についてです。人の世は浮き沈みが激しいです。善と悪との入れ替わりもしかり。「堯曰、咨爾舜」どのような諫言でしょうか?
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました